手間がかかる所が人気を集める!機械式時計の魅力とは

機械式時計の魅力とは

機械式時計は長年人々の支持を集めています。クォーツ式が一般的になった今、機械式時計は嗜好品の一つとして扱われるようになりました。その魅力は、他の時計にはない手入れやメンテナンスの手間。その手間が嗜好品としての立ち位置を決定付けたと言えるのです。日用品であれば手入れに手間がかかったり、定期的なメンテナンスや修理に労を割くことになるのはむしろ煩わしいと感じます。しかし機械式時計にかける手間は愛情であり、面倒なはずの日々の手入れも一つひとつ味わって行うことができるでしょう。使用に伴って起こる変化で、段々と自分だけの時計になっていくプロセスに魅力を感じる人も多く、長年の相棒として付き合っていく人も沢山います。

機械式時計にかかる手間とは

機械式時計は繊細です。そのため日々の手入れを必要としますが、しかしその手入れの方法を間違ってしまうと故障してしまうなど先心の注意が必要となる非常に手間のかかる物です。取り扱いに注意が必要な理由は、内部のムーブメントは沢山のパーツで構成されている点が挙げられます。機械式時計は沢山の歯車などのパーツが互いに組み合わさることで針を動かします。そのためどこか一つのパーツでも歪んだり、紛失してしまうと正常な動作ができなくなってしまうのです。部品に負荷を与えない方法で手入れを行うメンテナンスの手間こそが機械式時計の魅力。クォーツ式にはない面倒な愛おしさです。また自動巻き直しがない機械式時計は毎日決まった時間に巻き直す必要があり、機械式時計の手入れは生活習慣に食い込んできます。時計だけに意識を向ける瞬間がある、それこそが機械式時計の魅力なのです。